九州・大分紀行その1


春の訪れを感じるために九州へ。

ちょっと遅くなりましたが、3月にアドベンチャーディバズと開催した、

テントむし山旅 国東半島ロングトレイルツアーのご報告です。

さらに、ツアー後に訪れた大分の山々をご紹介します。

ツアーは2泊3日で国東半島峯道ロングトレイルのハイライトを巡るテント旅。

国東(くにさき)には高い山も深い森もないけれど、高い志と深い信仰の息づく

それはそれは味わい深いトレイルなのです。

ツアーはお天気に恵まれ、次々と出てくる信仰の場を巡りながら進みます。

 トレイルを抜ければ、立派な仁王像との出会い

 自然石を並べた石段を登れば、岩窟と一体となった寺院

 奇岩そびえる谷の先には、瞑想を深める岩屋

なんだか懐かしいようで、でもちょっと違う世界が広がっています。

咲き誇るミツマタがいい香り。ぽかぽか陽気が気持ちいい。

夜はみんなで鍋を囲んで宴会タイム。

シイタケいっぱいだんご汁、大分産のお米を炊いて丼に。

柚子胡椒、イノシシ、地元で採れた野菜などなどローカル食材も登場です。

歩いて、食べて、寝る。ときどき仏様や神様を感じる。シンプルな毎日がステキなのです。

やることがシンプルだと、どんどん研ぎ澄まされていきます。

そうです。ここは修行の道。岩をよじ登り、一枚岩で谷を渡る。

悟りを開くにはまだまだ歩き足りませんが、仏を感じるきっかけに、、、なってくれました?

修行の道にまい進するのも大事ですが、時々、自分の足跡を振り返りましょう。

低山ながらも超えてきた峰々を眺めるのはいいものです。

そんなこんなで3日間。みなさまご参加ありがとうございました!

歩くだけでなく、たくさんお話した時間がとっても楽しかったです。

九州には楽しいところがいっぱいです。またご案内しますね!